日本で働きたい求職者の方へ

日本でCareerFly(飛躍したい)なら
我々に問い合わせください!

“English Page” Click

日本で働きませんか?日本では、ITやエンジニア職の人材が不足しています。ただ、いきなり日本企業とどうコンタクトをとっていいかもわからないし不安も多いですよね。そういった中で、私たちはあなたの性格、知識、能力に応じた適した企業を紹介し、企業とあなたがうまく付き合えるよう架け橋となります。あなたのCareerFlyをサポートします。まずは私たちにあなたの希望を話してみませんか。

CareerFlyにはあなたを飛躍させられる理由があります

Why1

理工系ポジションに特化した求人展開

第4次産業を支える花形案件を多数保有。開発エンジニア、データサイエンティスト、インフラエンジニア、機械設計開発エンジニアなど最新テクノロジー知識と経験を活かしキャリアアップのできるポジション提供が可能。

Why 2

手軽に!気軽に!相談できる

日本への転職を手軽に、気軽に!をコンセプトにサポートを実施。求職者へのサポートはもちろん無料で対応。気軽に転職相談ができるよう、全てオンラインにて実施。担当キャリアサポーターによるカウンセリング、求人企業とオンライン面談実施の(内定までオンラインで完結するよう対応)アレンジまで一貫して対応する。

Why3

キャリアアップをトータル支援

日本企業へ転職が決まるまで、さらには就業後も一貫してキャリアをサポート。ビザ取得支援もしかり、日本での住まい探しや言語サポート、異文化理解などオンライン教育サービスなどの提供を随時行う。転職先で問題が生じたさいも、専任キャリアサポーターが常に間に入り課題解決のため対応する。

Career Fly取扱ポジション

ITエンジニア職

日本のIT企業でのエンジニア不足は深刻です。すでに、育成も追いついていない状況下、即戦力となる外国籍人材経験者は自ずとニーズ高い存在です。

メカエンジニア職

メカニカル技術の現場において、技術者不足が課題となっています。主に、CADを活用できる機械/メカトロ専攻をバックグラウンドにもつエンジニアとIoT化に欠かせない組み込み系エンジニア職を中心にご紹介します。

グローバル人事職

外国籍社員採用に着手し始めた日本企業にとって、採用〜定着までの効率的プロセスを遂行する外国籍HR担当がいることは欠かせません。採用を注力する国籍が明確であるならば、 そこを得意とする経験者HRを雇用するのが最初の戦略です。

グローバル営業職

自社製品/サービスを海外で販売する経営戦略において、セールス、あるいはビジネス開発を対応するプロを外国籍社員が担うべきです。販売する国の商習慣、文化などを熟知していることは有用です。

オープンポジションはこちらまで

instagram Facebook

Career Flyコンサルタント紹介

羽二生知美

JAPAN

ノミンズル バダムドルジ

MONGOLIA

リチャ ミトル

INDIA

クリスティーナ ベルガ

ITALIA

モニシャ

INDIA

日本で活躍する海外女子の声

日本での転職活動において、キャリアフライと出会うことができ本当に良かったと思っています。良いお仕事の紹介だけではなく、私自身の強みや良い点を気づかせてくれました。コンサルタントの方は、相談に対して耳を傾けてくれ的確なアドバイスをくださいました。短期的で少し狭まった私の視点を広げてくれるカウンセリングにより、キャリアの可能性が広がりました。

キャリアフライのコンサルタントは、とても親切で最初の問い合わせから仕事が見つかるまで丁寧に対応してくれました。適度なコミュニケーションにより、転職活動に対する不安を減らしてくれました。ポジションに対する質問や転職活動における不明点など、何度も質問を重ねましたが、都度丁寧に詳細に説明していただきました。6ヶ月間関わる中で25社職業紹介をいただき、一緒にチャレンジできたことはベストな機会創出へつなぐことができました。

求職者よくあるご質問

  • Q

    海外に住んでいるけどどうしたらいいですか?

    転職活動は可能です。
    オンライン面接で完結できる求人へぜひチャレンジしてください。企業によっては、最終面接は対面で会いたいとリクエストされる場合があります。その際は、柔軟に対応できるか否かを相談しましょう。

  • Q

    日本が大好き!でも日本語は話せない

    日本語力がなくとも就業できている方もいます。ただし、そのようなポジションは数が多いとは言えません。日本企業の多くは、社内公用語を日本語としています。英語を活用できる日本人社員も数多くいません。また、外資系企業の場合、日本支社を日本で構えているわけなので日本で雇用する方については、日英ビジネスレベルの方を募集している傾向にあります。ただし、あなたがもしITエンジニアであれば技術力を評価し英語のみを活用した職場環境を提供しているスタートアップやベンチャー企業が存在します。もちろん日本での生活のために日本語が活用できた方が便利ですが、ITエンジニアの方には多くの機会があると言えます。

  • Q

    日本での転職活動はどのようにすればいいの?

    いくつか方法があります。求人サイト、人材紹介エージェント、知人からの紹介などです。求人サイトもいくつか種類があります。もし日本語を活用できるようでしたら、日本人が普段使いしている求人サイト(リクナビ、ビズリーチ、マイナビなど)をチェックしてみると人気企業や職種など学びとることができます。英語のみ活用ならば、Glassdoor, Indeed,Wantedly,Daijobなど英語対応しているサイトをチェクしましょう。
    また、人材紹介エージェントも大手からスタートアップまで多数存在します。(2万事業所!)それぞれ、強みや特徴が異なります。ウェブサイトをみて、自身に合いそうなポジションを扱っている、またはコンサルタントが存在するという視点で選別してみてください。

  • Q

    ビザはどうすれば良いですか?

    ビザ取得のサポートを雇用主である企業が行います。内定をもらったあと、在留資格証明書の申請が必要となります。そのために、ご用意いただくいくつかの資料をお伝えします。申請から3ケ月程度お待ちいただき、在留資格証明書が発行され手元に届きましたら、最寄りの大使館などへ足を運びビザ申請手続きを行ってください。詳しくは、最寄りの日本大使館などへ問い合わせください。

  • Q

    希望給与を聞かれたときに何て答えていいのか

    基本希望年収をはっきりお伝えください。ただし、応募企業が提示できる年収レンジは求人票に記載があります。まずは、記載の年収レンジと現職(あるいは前職)年収と自身の希望年収のバランスを測り、伝えると良いです。
    外国籍の方々(特にエンジニア職)でよくある傾向として、150-200万円現年収からプラスした希望額を提示する方がいます。シニア〜マネジャーレベルに上がるほど、同レンジのプラスはあり得ますが、それでもごく稀です。50-80万円ほどの年収アップが現実的であり、可能な交渉です。*その方がよっぽどのハイスキルで人柄も企業にマッチし評価を得た場合は100万円以上のプラス年収提示もあり得る話ですが、数多くないです。

  • Q

    生活準備の仕方がよくわからない

    内定をもらい日本での生活のため様々な準備をしなくてはなりません。ただ、ほとんどの場合来日してからでなくては手続き関係が進まないことが多いです。住まい、公共インフラ、住所登録、携帯契約、銀行口座開設など。母国にいる間、オンラインなどで準備できることがあるかリサーチする、もしくは雇用主である企業人事に相談するなどできるだけの対応はしておきましょう。

  • Q

    応募のための書類の書き方が正しいか自信がない

    一度弊社まで書類一式を送付ください。
    日本企業へ応募する際に、①履歴書②職務経歴書③英語CVのセットが必要です。①②の記入方法やそれぞれ項目の表現の仕方などに自信がない場合、弊社が添削します。コンタクトフォームからお気軽にお問い合わせください。

エントリーフォーム