日本で活躍する外国籍リーダーへ今後の飛躍(Career Fly)を訊く!
異国の地日本に拠点を持ち、区議という立場で江戸川区をリードするよぎ氏のCareer Flyとは何か。インド人街と言われる「西葛西」からリーダーシップを発揮するよぎ氏のモチベーションの源泉とは何かを伺い、日本生活や働くことを目指す方々へ有用な情報をお届けする。

東京都江戸川区議 プラニク・ヨゲンドラ(よぎ)氏
インド州立大学国際経済学修士号。国費留学生として2度来日。インド国立ビジネススクールで国際経営管理を勉学。日系大手銀行にて、国内外の業務改善や新店舗出店等に貢献。大手IT企業で15年以上勤務する。システムエンジニア、プロジェクトマネージャの職を経て、グローバルIT企業の日本支社長に就任。ライフワークとして日本初の本格インド家庭料理店を西葛西に出店。名店として、多くのテレビ・雑誌・新聞に取り上げられ、全国トップの印度料理店に。2017年、東葛西に江戸川印度文化センターを設立し、印度と日本の文化交流に貢献している。2019年江戸川区議選に出馬し見事当選。区議として精力的に活動する。

 

「言語の才能あり」の一言から始まった日本への興味

CareerFly大野(以下大野): ご当選おめでとうございました。

よぎ氏(以下よぎ氏):有難うございます!

大野:今日は区議の立場であるよぎさんのお話も伺いたいのですが、日本で大活躍する外国籍リーダーとして今後どのようなキャリアを歩むかお聞かせください。

よぎ氏:私、話が長くなるけど大丈夫ですか?(笑)

大野:区切るのでご安心ください。(笑)
さて、色んな方から聞かれると思いますが、「日本に来たきっかけ」はなんだったのでしょうか?

よぎ氏:父親の一言です。高校を卒業した15-6歳のころ、「言語の才能がある」と言われました。それを自分でわかっているのかと問われたのです。そこで、それまでに学んだ言葉と丸ごと違う日本語を勉強することに決めました。日本との繋がりとなる第一歩でした。

大野:ちなみに当時操っていた言語は?

よぎ氏:マラティー、ヒンディー、英語、サンスクリット、そしてベーシックなスペイン語です。

大野:そこにプラスして日本語!ですね。語学習得の才能があるというのも頷けます。

よぎ氏:プラスドイツ語も。(笑)大学時代、メインで選択していましたが、日本語に夢中になり、一年後にはドイツ語習得は一旦辞めました。勉強というよりか、趣味として楽しく学ぶという感覚でした。本当に学ぶことが楽しかったです。

大野:何が一番楽しかったですか?

よぎ氏:できること!(笑)

大野:成績優秀で大学トップですもんね!(笑)やればやるほど結果として反映されるからやる気でますね。

よぎ氏:私の成績には新記録も多い!
当時日本語を教えてくれた先生と同級生に恵まれていました。そのお陰で日本語を楽しく学ぶことができ今へと繋がっています。

10代からIT企業でキャリアをスタート


大野
:社会人デビューはいつ頃から?

よぎ氏:在学中19歳の時です。インドIT企業から内定をもらい、仕事していました。3年半ITの分野で勤め、日本へ行った時期などもありましたが、2000年ご縁がありインド日系企業に就職しました。同社社長が日本人の方で、いわゆる社長秘書のように右腕左腕となり職務遂行しました。

その出会いは特別でした。本当に素晴らしい上司であり、ビジネスパーソンでした。学校の先生などから学ぶことのできない、「モノの考え方」「仕事に対する姿勢」を彼から学ぶことができました。

大野:彼からの学びで一番印象に残っていることは?

よぎ氏「まず紙に書く」という教えです。
自分の頭を信用してはいけない、とにかくなんでも書いて考えることが大事。多方面に興味があり常に複数の事を考えている私の傾向を見抜いてそう助言してくれたかもしれません。
そもそも人は想像力豊かなので、紙に書かないと実際の言動へ移すことはできない。もともと、紙にまとめるのは苦手だったのですが、この助言のお陰でドキュメントをまとめる(文章を書く)ことが得意になりました。銀行時代にとても褒められた能力の一つです。

大野:文章力は誰もが持ち合わせているものではないですよね。

よぎ氏:しばらくは、上述した会社に大変お世話になりました。その後、インド大手Infosysに入社して、研修後すぐ日本へ転勤となりました。

大野:日本語ご堪能ですもんね!そこからずっと日本での生活ですね。来日当時(2003年)と今現在の日本の違いを教えてください。

よぎ氏:状況はかなり変化したと思います。
現在は「多様性、多文化共生」と言われ、政府主導で物事が進んでいます。来日当初はこのような言葉を聞くことがなかった。差別レベルも高かったというのが正直なところです。

生活という視点でみると、2000年前後は「言葉の壁」「ビザ」の問題がありました。当時、インドでの出産を考えるのもそれらの理由からです。病院での言語対応が全て日本語だととても不安です。英語も通じない。日本語能力試験のN1を取得していたと言え、医療言語に対しては多少不安がありました。両親を呼び寄せるとなった時にビザがでないという理由もあり、インドで子どもを産むという選択肢しかなかった。

大野:産後サポートする両親を連れてこれないとなると、自分たちが里帰りするしかないですもんね。

よぎ氏:現在は、外国籍専用多言語対応する病院もありますし、子供を日本で産むとなると半年〜1年程度親(祖父母の立場となる)に対してビザが出ます。大きな変化です。

地域の輪を積極的に作り異国で子育て奮闘!

よぎ氏:我が息子は2002年にインドで生まれ、しばらくしてから日本へ戻りました。色々あり(笑)、シングルファーザーとして息子を育てることになりまして・・・。人の手を借りないで、しかも外国で子育てをすることは大変です。そのため、地域コミュニティーに積極参加し、サポートを得られる体制と環境を作りました。

大野:子育てと地域コミュニティは切ってもきれないですもんね。

よぎ氏:就職先の会社へ、シングルで子育てをしていることを伝え、理解してもらえるよう働きかけました。私の場合、就業スタートは10時から。夜も遅くなることはありません。もちろんその分、仕事は決められた時間で終わらせる努力もしていました。仕事が早かったことも功を奏してました。

大野:頭がいいからですね!(笑)
それ以外にもチームメンバーとの良好な関係構築に努めていたよぎさんの努力の賜物ですね。

よぎ氏:地域のエコシステム(知り合いのネットワーク)は本当に助けになり、息子がゲームセンターで遊んでいれば、ゲームセンターの人から直接電話がかかってくるほどの密なネットワークとなりました。

大野:こころ強い支援をしてくださる方がたくさんいらっしゃいますね。
また、「日本で働く」という視点での変化はありますか?

よぎ氏:その昔「仕事を奪っている!」と見ず知らずの日本の方から言われたこともありました。その都度、できる限りの説明をしました。私たち外国籍は仕事を”埋めている”のだと。日本人で対応できない仕事の領域やポジションで業務を担うことが我々外国籍であり、それにより新たな仕事を生み出していることも伝えました。それでも、なかなかわかっていただけなかったですね。

今は安倍首相を中心として、政府から国民に「人材不足」「人材の担い手を外部から」ということを伝えています。それが今の機運・変化に繋がっていると思います。

大野:外国籍の方々の力は必要不可欠です。

外国籍人材も日本企業でトップラインに上り詰める時代へ変化

よぎ氏:他に日本で働くという観点での変化といえば、生活力の変化でしょうか。私が来日した当初は日本にどれくらいいられるか確証がないままその日その日を過ごしていました。生活においても、最低限の家具や生活必需品を揃え賃貸での生活が普通です。家も買えないわけなので。

ただ、現在はインド国籍の労働者に関して言えば、長期雇用が実現してきたこともあり生活が安定してきました。2000年問題を経て、日本のIT企業の人手不足によりインド現地でITエンジニアをリクルーティングするようになった。そうすると、日本企業での雇用は長期化する傾向になるため雇用される従業員の生活も安定するようになりました。現在でしたら家も買えるようになりましたから、昔と今の状況は変わったと言えるでしょう。

大野:雇用形態も変化ありました?

よぎ氏:昔は期間契約がほとんどでした。その契約による影響かはわかりませんが、契約形態が異なるコミュニティにおいての”それなり”の人間関係の構築がなされていたと思います。また、外国籍社員を日本国籍社員同等にトップラインまで育てあげようという考えは全くなかったと思います。

大野:その状況は今も変わりないかもしれませんね。インドの企業はどうなのですか?

よぎ氏:インドは他宗教国家でありダイバシティーな背景があるので、日本企業ほど”イコールオポチュニティ(機会均等)”でないとか、”育成をしない”ということはないです。インド人は基本外国人を尊敬しているという考えが影響しているかもしれません。

私自身、2000年後半に転職した会社で経験したこととして….

まず入社する入り口で自分が思い描いていた「マネジメントポジション」での入社オファーでなかったこと。(そのさいに交渉し希望通りのポジションにはなった)また、ポジションに対する周りからの妬みなどを経験しました。

大野:階層は上に登るほど、競争が激しくなります。日本人同士でも枠が狭いわけなので、優秀なよぎさんが参画することで尚激しい競争となるわけですもんね。

よぎ氏:仕事面でも社内政治面(?)でも様々な経験をしました。そして、区議当選となり今に至ります。

区議としての江戸川区へ貢献する道へ

 

大野:そろそろまとめに入りたいと思います。今後のよぎさんのCareerFly(飛躍)を教えてください。

よぎ氏:区議として8年活動を継続したいと思います。選んでくださった方々への恩返しも含め、江戸川区民の方々にプラスとなることに注力します。その後、国会に行き大臣を目指したいと考えています。

大野:具体的に実現したいことは?

よぎ氏:仕事で長く業務改善に取り組んできました。物事の論理的整理を進めたい、「違う視点や観点」を持って違いをもたらす、それこそが私ができることだと思っています。これまで培った基礎、あるいは背景を大切にしながら違う観点を注入し、推し進めていくことが重要だと考えています。

先日、区が抱える課題の整理をしました。スマートシティという概念に5つのテーマがあります。ガバナンス、経済、生活、区民とインフラです。200名の方にヒアリングをかけ、PM(プロジェクトマネジメント)の手法を用いてまとめ、一般質問の場で区長へ提言いたしました。

大野:ビジネスで磨き上げた能力がまさに活かされています!

よぎ氏:このような手法などを用いて、課題を明確にしていき、一つひとつソリューションを手がけていきたいです。

大野:最後に、①外国籍雇用する日本企業へ②日本で活躍する外国籍の方、また今後日本での活躍を希望している方々へアドバイスをください。

よぎ氏:企業のみなさん。今のタイミングをチャンスだと思ってください。これまで日本人だけで日本人だけのやり方できました。ここにきて、外国籍の人材の視点やアイデアを注入することで変化があるはずです。

「外国籍社員へのキャリアアップの提供」「多様性文化を作る」

この2つをぜひ企業は対応してほしいです。

外国籍の方へのメッセージは2つです。まずは「自らできることをやる」ことです。日本がすごいスピードで変わることを期待せず、日本の文化や生活の中で一つでも良いなと思ったことを取り入れすぐにやってみることが大切です。

もう一つは、「BODY MIND SOULを大切にする」ことです。
この3つのバランスを良く保つことです。あらゆる環境下で負荷がかかっていることが多い。心身ともに壊してしまう方々を見てきています。

BODYのことだけいうと、私もそうでした!(笑)

大野:えっ!ぽっちゃりでした??(笑)

よぎ氏:はい、ぽっちゃりでしたよ。写真見ます?

ぽっちゃりよぎ氏

減量後のよぎ氏

大野:随分絞りましたね!素晴らしい。昔ももちろん素敵ですが、今もよりスリムで素敵です。

よぎ氏:BODYバランスを本当に整えてほしいです。適度な運動とコントロールされた食事が大事です。SOULにおいて、精神的に壊れてしまう前に、まず「受け入れる」ことをしてほしい。SOULのSQ (Soul Quotient) を上げてほしいです。
例えば、インドでは生活との戦いがあります。2時間必死に会社まで移動しなくてはならない。ものすごい渋滞の中、オンタイムでない公共交通機関を利用しての通勤をしなくてはなりません。日本だと2時間通勤は座って仕事ができたりなど、インドと比較すると優雅です。

日本の環境下は恵まれていることを認識し、BODY MIND SOULをとにかく高めてほしいです。

また、個人的にはインド人会会長として、コミュニティー内での親和性を強化していくことが課題です。居住インド国籍の方々は、現在3万5000名くらいです。州ごとに考え方が異なるため、インド大使館との連携も含め活動強化していくこと、次なる会長を育成輩出することが私の使命です。

大野:後継者育成、していかなくてはなりませんね。

本日は貴重なお話有難うございました!

江戸川区議よぎ氏とCareer Fly代表大野理恵

Career Fly 
多様性ある文化形成を目指し、海外女子の人材紹介ビジネスを2015年にスタート。”日本ではたらく”を目指す理系海外女子を60カ国3850名をプール。海外女子の「越境転職をもっと身近に、気軽に」するための就業支援、および日本企業の優秀人材採用強化に貢献する。